HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  パク・ヘジン、大阪に続いて東京でも大盛況“新韓流スター”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・ヘジン、大阪に続いて東京でも大盛況“新韓流スター”



写真=WMカンパニー
日本でコンサートを開催した俳優のパク・ヘジンが、歓声と興奮溢れる中ファンと共に時間を過ごし、“新韓流スター”であることを証明した。

パク・ヘジンは2月24日に大阪NHKホール、3月5日には東京ドームシティホールで「PARK HAEJIN JAPAN TOUR 2012“ZEST”」を開催し、歌手としての発展の可能性と成功を覗かせた。

この日、パク・ヘジンは紫のロングコートとファンキーなヘアスタイルで登場し、ファンから熱い反響を得た。自身の日本1stシングルの収録曲である「ひゅるりひゅるり」をロックバージョンで新たにアレンジし、コンサートの幕を開けた。

続いてパク・ヘジンは1stシングルのタイトル曲であり、オリコンウィークリーチャートでも2位にランクインした「運命の轍」をゴスペルムードのロックバージョンで披露し、ファンから大きな拍手を受けた。

セットリストの3番目の曲は、先月24日にリリースした日本2ndシングルの収録曲であり、彼自身が最も愛着があると話した「グマルマンハジマ~もう言わなくていい~」を歌い上げた。同曲は中国でアジア最高人気男性俳優賞を受賞したパク・ヘジンの出演作であり、中国ドラマの「チェンダダの結婚記」の主題歌で、日本のファンの要望で日本語バージョンを新たにシングルに収録することとなった。パク・へジンは俳優ならではの切ない歌声でファンの大きな反響を得た。

パク・ヘジンの歌が終わると、ファンの間でいわゆる「パク・ヘジンサポーターズ」と呼ばれているゲストのステージが続いた。パク・ヘジンは彼らを心より歓迎してほしいとコメントし、親しい間柄をアピールした。

K-JUN、Luey、そして大阪ではやむを得ず参加できなかったMBCドラマ「善徳女王」のサウンドトラック「白山一花」を歌った新人歌手のイェソンがゲストとして参加した。彼らはパク・ヘジンとともにステージに立ち、パク・ヘジンが出演していたMBCドラマ「エデンの東」のサウンドトラック「運命に逆らって」を合唱し、心強いサポートを行った。

最後の曲が終わった後、パク・ヘジンのためのサプライズコーナーもあった。最後の挨拶をするパク・ヘジンのマイクが突然故障し、スタッフが別のマイクを持ってステージに上がったところ、そのマイクも故障しており、焦っているパク・ヘジンの姿がスクリーンに映された。そんな中、突然暗転となりパク・ヘジンへの応援メッセージが公開された。

「ヘジン、チョニ兄さんだ」という声とともに、俳優のイ・チョニ、チ・ジニ、チョ・ユニ、キム・ジョングクなど親しい芸能人やパク・ヘジンが撮影している映画「雪海」で共演している女優イ・ヨンアとキム・ジョングォン監督へのお祝いと激励の応援メッセージが公開された。

また、当日のコンサートには遠く中国からのファンも多く駆けつけた。パク・ヘジンの中国内での認知度の高さを証明し、日本の記者からも注目が集まった。多様な年齢層の日本のファンはパク・ヘジンの新しい変身に拍手を惜しまず、熱い声援を送った。

パク・ヘジンは「皆さんが楽しんでくれたおかげで、僕も楽しむことができた。次は皆さんが望んでいる通り、ドラマや映画でお会いしたい」と公演を終えた感想を述べ、次期作への期待を膨らませた。



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

kanryunews3

Author:kanryunews3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。